紙鉄電車 紙で作った近鉄電車の製作記です

<<  2009年 12月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最近の記事
完成しました
10/29 15:53
ビスタマーク
07/11 12:31
床下機器
06/19 19:43
某所運転会
05/30 15:01
塗装
05/10 22:34
最近のコメント
・コメントは承認制とさせていただいておりますので、ブログへの反映はお時間がかかります。何卒ご了承下さい。
紙鉄電車様新…
たかはし おさむ 02/13 19:55
You-enてっど様…
akaneko 12/22 20:32
こちらには初めて書き…
You-enてっど 12/22 08:21
紙鉄電車さま、さ…
てつ 11/21 23:01
こちらでは初めまして…
てつ(佐藤哲也) 11/21 01:50
最近のトラックバック
某所運転会2010(…
05/31 13:55
パーツ
11/19 01:03
姉妹blog
08/16 20:06
2日連続の運転会(山…
11/13 12:08

ビートの表現-その2

ビートをφ0.35の真鍮線で表現してみましたが、ややゴツい感じがしましたので、φ0.3に変更しました。

既に貼った1両の片面も、一旦はがして再度貼り直しましたが、せっかく時間をかけてやった部分の手直しは億劫なものです。

断面方向からビートの出代をみると、こんな様子です。

なお今回、ドアと外板の間に隙間を作って、戸袋を表現してみましたが、おわかりになりますでしょうか?
伊賀転用車製作記 | 投稿者 akaneko 23:06 | コメント(0)| トラックバック(0)

ラッピング

860系の忍者は、大部分が塗装でしたが、今回の200系はステンレス車ということもあり、全面シール貼りで施工されています。



そこで、模型の方もデカール全面貼りでやってみようと考えています。データ作りは大変ですが、グラデーションなど塗装では表現しにくい部分もあるので、これしかないかと。
画像は試運転時のものですが、運行番号窓や行先表示の一部までシールが貼り付けられています。
伊賀転用車製作記 | 投稿者 akaneko 21:00 | コメント(2)| トラックバック(0)

ビートの表現

ステンレス車特有のビート(最近の車両は殆どありませんが・・・)の表現を真鍮線ですることは決めていましたが、線径をいくらにするかでストップしていました。感覚的にはφ0.2か0.3位なのですが、やや強調することも考えてφ0.35にしました。
さらさらタイプの瞬着で固定します。

伊賀転用車製作記 | 投稿者 akaneko 23:00 | コメント(0)| トラックバック(0)
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ホビダス[趣味の総合サイト]